中古車買い取りはディーラーがおススメ!?

中古車買い取りはディーラーでってホント!?

中古車買い取りをディーラーにお願いした場合についてですが、通常はディーラーに買い取りをお願いするという事になると、そのお店で新車を購入する時に、今まで乗っていた中古車を買い取りしてもらう=下取という事になるかと思います。

では、買い取り専門の業者に売る場合とディーラーで下取りしてもらう場合では、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

たしかに、新車購入を決めたディーラーでこれまでの中古車を引き取ってもらった方が、一つのお店で購入と中古車の売却の手続きができるのでとても楽であるというメリットはあります。新車の値引き交渉の際も、下取を念頭に置いた交渉になるかと思いますので、その金額を含めたうえでの納得のいく値引き額を提示されて、皆さん新車購入を決断されるのではないでしょうか。

ただし、その金額がはたして中古車市場において妥当な金額を提示されているのかどうかという事になると、話はだいぶ変わってくるのです。

こんな時は、ディーラーとの商談に入る前にまず一度、何軒かの中古車買い取りの専門業者に車を査定してもらうことをおススメします。そうすることで、自分の今乗っている愛車の市場価値というものが大体把握できるかと思いますので、それを知ったうえで交渉に臨むことで明らかな不当な価格で中古車を買い叩かれる心配はなくなるというワケです。

ディーラーと言えども商売ですから、こちらが無知だとわかるとできるだけ低い金額で下取りしてこようとするのはしょうがないことではあります。そのため多少面倒ですが、中古車買い取りをディーラーにお願いするのであれば、損しないためにもこういったひと手間をおこなうことは非常に重要になってくるのです。

一言付け加えますと、たいていの場合は中古車買い取り専門業者の査定金額の方がディーラーの提示額より大きいです。これは買い取りした後の販売経路が、ディーラーに比べて買い取り専門店の場合は多岐にわたっているからで、場合によっては数十万単位で違ってくることもあるのが現実です。

ディーラーと買い取り業者の両方の金額をよく比較し、納得のいく金額で売却したいものですね。